ヘルプ

 

よくあるご質問

仮登録、登録確認のメールが届きません

  1. 登録したメールアドレスが間違っていた可能性があります。お手数ですが、もう一度登録を行ってください。
  2. 迷惑メール対策で一部のアドレスからメールを拒否する「ドメイン指定受信」や「アドレス指定受信」を設定していると、メールを受信できないことがあります。本サービスからのメールを受信できるように「@my.yomiuri.co.jp」のドメインを追加してください。
  3. 迷惑メールフィルタなどメールを自動的に振り分ける設定をしていると、迷惑メールフォルダなど別のフォルダに振り分けられている可能性があります。迷惑メールフォルダなど別のフォルダをご確認ください。

会員登録中にページを閉じてしまいました。登録は続けられますか

  1. 会員情報を入力し「登録」ボタンを押した方は、読売IDの登録が完了しています。読売プレミアムのログインページへアクセスし、登録した読売ID、パスワードをそれぞれの入力枠に入力し「ログイン」ボタンを押してください。決済方法の登録画面に移動しますので、決済方法を登録してください。
  2. 会員情報入力画面で「登録」ボタンを押す前にページを閉じた方は、読売IDの登録が完了していません。読売デジタル会員デスクから送信したメール本文に記載されているURLを押して再度会員情報を入力してください。

読売プレミアムにログインできません

>> 利用できなくなった時の対処法はこちら

  1. 「読売IDまたはパスワードが正しくありません」とのメッセージが表示されている場合は、入力したIDとパスワードに誤りがあります。IDとパスワードは半角英数字のみ使用します。全角文字や余分なスペースなどを入力していないか、英語の大文字や小文字を正確に入力しているかなど、再度ご確認ください。スマートフォンで、ブラウザーが誤ったIDあるいはパスワードを記憶し自動的に表示しているケースが多発しています。
  2. 同居家族の方が読売IDやパスワードを変更した可能性があります。ご登録のメールアドレスあてに読売IDやパスワード変更の確認メールが届いていないかご確認ください。
  3. 読売プレミアムは読売新聞購読者を対象にしたサービスです。新聞の購読あるいは購読の申し込みが確認できなかった場合は、利用できなくなります。また転居時に読売プレミアムに登録した住所を変更しなかった場合、会員の方の購読を確認できないため、利用できなくなることがあります。お手数ですが、読売デジタル会員デスクにお問い合わせください。
    【読売デジタル会員デスク】03-3246-1200(平日9:00~18:00)
  4. ブラウザーの設定でJavascriptとCookieの設定を有効(オン)にしてください。

    >> Cookieの設定方法 詳しくはこちら

  5. <WindowsでInternet Explorer 8>
    ▽Javascriptの設定:
    ブラウザーのメニューバーのツール → インターネットオプション → セキュリティ →Web コンテンツゾーンで「インターネット」を選択します。「このゾーンのセキュリティレベル」の「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリックし、「スクリプト」の「アクティブスクリプト」を「有効にする」にチェックをいれます。

    ▽Cookieの設定:
    ブラウザーのメニューバーのツール → インターネットオプション → プライバシー → 詳細設定 → 「自動Cookie処理を上書きする」にチェックをいれます。

    <Andoroidのスマートフォン>
    (*端末によって設定方法が異なる場合があります)
    ブラウザーの設定画面→ 「JavaScriptを有効にする」「Cookieを受け入れる」にチェックをいれます。

    <iPhone、iPad>
    設定→Safari→「Cookieを受け入れる」→「しない」以外にチェックをいれます。
    設定→Safari→「JavaScript」を「オン」にします。

  6. ウイルス対策ソフトで接続が遮断されている場合は、ソフトの設定に従い、ファイアウォールを解除してください。

「ただいまログインできません。同時にログインできる端末数が上限に達しています。他の端末による読売プレミアムの利用終了時から、24時間お待ちください」というエラーメッセージが表示され、ログインできません

    読売プレミアムを同時に利用できるスマートフォンやパソコンなどの端末は、一つのIDにつき4台までです。また、端末の数は、ご使用のブラウザーごとにカウントしており、1台の端末でも2種類のブラウザーからアクセスすると2端末とみなされます。例えば、同じパソコン上でInternet ExplorerとFirefoxのそれぞれから利用した場合、2端末と扱われます。

    5台目の端末を使用されたい場合は、使用中のいずれか1台で読売プレミアムの利用を中断してください。利用を中断した端末の最終操作から24時間待つと、新たな端末からログインできるようになります。利用中の端末をログアウトしても、すぐには別の端末でログインできません。

    4台以内の利用にもかかわらずログインできない場合は、以下の原因が考えられます。設定を変更した上で、24時間後に再度お試しください。

  1. Cookieが有効な設定になっていない
    お使いのブラウザーがCookieを受け入れる設定になっていない場合、ログイン処理が正常に行われませんので、Cookieの設定を「オン(受け入れる)」にしてください。Cookieを受け入れない設定のままでログイン操作を繰り返すと、台数制限の対象となる場合があります。

    >> Cookieの設定方法はこちら

  2. 端末の日時設定がずれている
    スマートフォンやパソコン本体の日時設定が実際の日時と大幅にずれている、あるいはタイムゾーンの設定が「日本標準時」以外になっている場合、ログイン処理が正常に行われないことがあります。正しい日時を設定してください。設定せずにログイン操作を繰り返すと、台数制限の対象となる場合があります。

読売IDを忘れてしまいました

    読売プレミアムのログインページにある「読売IDを忘れた方はこちら」を押して、「ID問い合わせ」画面に進み、登録したメールアドレスと生年月日を入力してください。メールで読売IDをお知らせします。

パスワードを忘れてしまいました

    読売プレミアムのログインページにある「パスワードを忘れた方はこちら」を押して、「パスワード再設定」画面に進み、読売IDを入力してください。パスワードを再設定するためのURLをメールでお知らせしますので、新しいパスワードを設定してください。

読売プレミアムのサイトを閲覧できません(一部機能が利用できません)

    読売プレミアムは以下の環境でのご利用を推奨しております。ブラウザーや機種によっては表示上の不具合が発生したり、一部の機能が使えなかったりする場合があります。

    スマートフォン:Android 4.4.2以上、iOS 5以上の端末の標準ブラウザー
    パソコン:Internet Explorer 11以上、Firefox 37以上、Google Chrome 38以上

検索した過去の記事をスクラップブックに登録できません

    「過去1年分の読売新聞の朝刊・夕刊」にチェックを入れて検索した記事は、スクラップブックに登録できません。チェックを入れずに検索した記事でも、一部、外部著作のためにスクラップできない場合があります。

スマートフォンサイトのページの表示が画面からはみ出します

    記事検索やメモ入力画面などで文字の入力をした後に、一部機種でページ全体の表示が拡大され、画面がはみ出すことあります。画面をダブルタップ(2回連続してタッチすること)、あるいはピンチイン(2本の指を画面上に載せてその間隔を縮める動作のこと)してください。

クレジットカードや携帯電話料金の利用明細に書かれている「読売デジタルサービス」とは何ですか

    「読売デジタルサービス」とは、読売新聞社が運営するインターネットサービスのうち、利用者が認証や料金決済に読売IDを利用するサービスの総称です。読売プレミアム、ヨミドクター、読売受験サポートの有料サービスの利用明細はすべて「読売デジタルサービス」という統一の名称で記載されます。

読売プレミアムを解約しましたが、利用料金が請求されています

    以下の理由が考えられます。いずれのケースにも当てはまらない場合は、読売デジタル会員デスクにお問い合わせください。

  1. 解約した月の料金が請求されている
    読売プレミアムでは、解約した日付にかかわらず、その月1か月分の利用料金を請求します。日割り計算は行っていません。キャンペーン期間などの無料期間をのぞき、利用を開始した月は無料ですが、その月の途中で解約した場合は1か月分の利用料金がかかります。
  2. カード会社の請求が遅れている
    クレジットカードでの決済を選択している場合、クレジットカード会社の締め日などの関係で、読売プレミアムの利用月から1~3か月程度遅れて料金が請求されることがあります。このため、解約後も数か月はご請求が続く可能性があります。引き落とし日などの詳細については、クレジットカード会社にお問い合わせください。
  3. 解約手続きが完了していない
    解約手続きが完了していない可能性があります。ユーザー設定(スマートフォン版サイトではメニューの中、パソコン版サイトではページ上部)の中にある「会員情報」から設定画面に進み、「有料サービス登録情報確認と解約」で登録内容を表示してください。読売プレミアムは「契約あり」となっていますので、右側にある「解約する」ボタンを押してください。

読売プレミアムを解約した後で、再登録しました。利用料金はどうなりますか

    同月内に解約・退会と再契約を繰り返すと、再契約のたびに利用料金が加算されます。ご注意下さい。

誤って読売プレミアムを解約してしまいました。再登録してもスクラップブックに保存した記事などのデータは引き継がれますか

    解約後も一定期間、スクラップブックに保存した記事など利用者のデータは残ります。再び利用したい場合は、読売プレミアムを再契約してください。読売プレミアムのログインページにアクセスし、利用していた読売IDとパスワードを入力してログインすると、決済方法の選択画面へ遷移しますので、再度手続きを行ってください。

誤って読売IDを退会してしまいました。読売プレミアムへ再入会しても、スクラップブックに保存した記事などのデータは引き継がれますか

    読売IDを退会すると、スクラップブックに保存した記事などのデータはすべて削除されます。ご注意ください。

ヨリモ(ヨミドクター、読売受験サポート)の会員です。読売プレミアムを利用するには手続きが必要ですか

    お使いの読売ID(旧ヨリモID)とパスワードをそのまま利用できます。読売プレミアムのログインページから読売IDとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押し、利用申し込み手続きを行ってください。

「お申し込み月は無料」とありますが、料金が請求されています

    申し込み月が無料になるのは初回のみです。また申し込まれた月内に読売プレミアムを解約・退会した場合は、その月の利用料金をいただきます。ご注意ください。